萬松山勝楽寺
愛知県西尾市吉良町小山田稠34
 TEL・FAX (0563)32-0701
http://jizoson.org

由緒沿革

◆小山田地蔵尊 萬松山 勝楽寺 略縁起

【寺名】 萬松山 勝楽寺(しょうらくじ)
【宗派】 曹洞宗
【別名】 小山田地蔵尊
【本尊】 子安地蔵菩薩(伝後白河法皇御自作)
【開山】 雲山民耕師(曹洞宗)
【開基】 権大僧密顕法印(真言宗)

【由緒】 勝楽寺本尊・子安地蔵菩薩は、後白河法皇(在位1155-58)の手になるもといわれ、一刀三礼、御丈八寸の御木像祢である。
延元4年(1339)勝楽寺創建の時、足利尊氏公(1305-58)は、寺の入口に、国家安泰、民福多幸を祈念して「足利誓いの松」を植え、地蔵尊遷座御奉安した。
当時、難産に苦しむ妊婦が真心を籠めて祈願すれば即時安産と言われ、誰れ言ふと無く子安地蔵菩薩と崇め、満願霊験顕著となり、爾来、参拝者日々後を絶たない。尊氏公は地蔵尊信仰者と伝えられている。
戦後、境内出林より岩場古墳が発見され、本土品に国家的、銘品との評価を得た。これらと合わせて伝来の宝物類、美術品、文化資料等を保存、管理し、文化向上発展のため貴重な社会教育資料として公開、社会に貢献することを目的に、聰明閣、文殊殿が建立された。
これらの文化財は、近郷はじめ国内何處にも見られないと感嘆、賞賛の声があがっている。

【寺宝】 巨勢の金岡仏画、その他仏画、徳川家康公延命長寿祈願の高砂像、豊臣秀吉公朝鮮征伐勲功者への朝鮮銅鑼、大岡越前守・大久保彦左ヱ門・ハリス長官・真田幸村等が使用した家具・机など、その他多数
→こちらで、寺宝の一部紹介をしております。

◆交通アクセス

〒444-0511
愛知県西尾市吉良町小山田稠34
 TEL・FAX (0563)32-0701
国道247号線吉田橋東300m・十字路より北に入る
詳しくは、こちらをご覧下さい。